変わる、ハウスクリーニング


掃除8

景気の低迷が叫ばれる中、

ハウスクリーニングの必要性は増しつつあります。

これまで、ハウスクリーニングのなど家事代行は、お金持ちの雇うものだというイメージがありましたが、景気の影響をうけ、女性の社会進出と共働き世帯が増えることによってその利用数も増加しつつあります。

家族構成も核家族世帯が増え、高齢化社会が進みシニア世代の占める割合も高くなってきています。

家事代行・掃除代行業界の特徴

ハウスクリーニング業を始めるとなると、設備や施設に投じる資金が安くて済むことと、特定の認可、許可を取る必要が無いことから開業が安易に行えることが特長となっています。

そして、上記したように不況のさなか成長しつつあることから開業する件数も増えてきています。

大手の大企業だけでなく中小企業が数多く存在し、裾野の広い業界となっています。

ハウスクリーニングの資格・検定

ハウスクリーニング業界で検定や資格が存在することはあまり知られていません。

前述したとおり、なければ仕事が出来ないと言うわけではないので、検定を受ける人が多いと言うわけではないからです。

しかし、技能によって社会的な評価を高め、技能と地位の向上を目的にしたことにより、国家検定として認められています。

医師や調理師など人の生命に直接関わっていなくても、社会的に必要な技術と認められた大きな事実です。

検定の実施機関は、公益社団法人全国ハウスクリーニング協会で、試験問題の作成から実施までを行うことになります。

合格者には、合格叢書が渡され技能士の称号が与えられます。

意外な価値

ハウスクリーニングの価値を考えた時、手間が減ったことや時間が出来たこと、家がキレイになったことだけのように思われますが、場合によっては建物の資産価値を保つためにも使われたりします。

一軒家を定期的に掃除するとなると手間と時間がいくらあっても足りません。

そこでハウスクリーニングの出番。

家をキレイに保つことによって売却する時や住み替えの時の資金調達にも繋がります。

より高く売るためには、見栄えと耐久性が重要となってきます。

物件の劣化を防ぐには、定期的な手入れが必要です。

手入れを怠って汚れが落ちなくなるよりは、専門業者に依頼してキレイにしてもらうことの方がお得です。

確かにお金をかけて掃除を依頼するのは抵抗があります。

ですが、このようにハウスクリーニングの意外な利用方法を見つけることで、本当の価値が見えてくるのではないでしょうか。