小説学校のカリキュラムについて

小説学校とはどんなところ?

a0002_011008
小説の世界では魔法が使えたり空が飛べたり瞬間移動ができたり……魅力的なキャラクターといろいろな大冒険や事件を解決したりしてとても楽しいですよね。
もし小説を読んで想像を膨らませているのなら自分でも物語を作って、文章にしてみたいと思いませんか。
自分の頭の中で世界がグングン成長しているのなら、絶対に小説を書く才能がありますよ!
そして小説を書く才能を伸ばしてくれる場所があるのをご存知ですか?
それが「小説学校」なんです。
面白い小説を書きたいのならまずはどんなストーリー構成にしたらよいのかから学んでいくとよいでしょう。
小説学校では「小説を書きたいけれど書き方がわからなくて……」という人も安心してプロの小説家を目指せるカリキュラムが組まれています。
小説を書くうえで必要になる文章力や表現力、表記のルールなども細かく教えてくれます。
小説の要になるアイディアの発想方法やキャラクターはどんな人物であれば、読者が共感してくれるのか? ということを講義で学び、講義で習ったことを生かして実際に作品制作を行います。
またセリフだけで状況や感情の変化を表すシナリオや脚本の書き方についても学びます。小説だけではなくシナリオ・脚本の表現の仕方も勉強することで、さらに表現の幅が広がっていきます。
また平日の日中は働いている社会人や学校に通いながら小説の勉強をしたいという人向けに、夜間に講義を行ってくれるノベルス専科という学科もあります。
週一回二時間の講義なので仕事をしている人でも通おう! と心に誓えば通える範囲内の時間ですよね。
小説家は狭き門だしきっとムリ……と思いながら社会人になって悔いてはいませんか。
大丈夫です! もう一度小説学校で夢を追いかけましょう。
小説学校には少人数で構成されるゼミがあり、数人で小説のアイディアを話合って脳を柔らかくする授業があります。
人と意見交換することでアイディアの発想が豊かになるだけでなく、将来プロの小説家になった時に必要になるコミュニケーション能力も鍛えられます。
また生徒の作品に対して個別にアドバイスしてくれるので、何度も遂行を重ねて新人賞突破を近づけてくれます。
実際にプロの小説家の作品を目にしている編集者が小説学校を訪問し、直接良いところ悪いところを指摘してくれます。
小説家になりたいならまずは小説学校へ行ってプロ視点で作品を見られるようになりましょう。小説学校で新時代の物語を作り上げましょう。

小説学校で学べる内容について